ファーウェイ幹部 今後どうなる? 板挟みのカナダ

 【ニューヨーク=上塚真由】カナダは、通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)=保釈中=の身柄引き渡しをめぐり、米中の間で難しいかじ取りを迫られている。引き渡しの可否をめぐる審理は長期化するとみられ、カナダに対し「報復措置」を取り圧力を強める中国との関係改善も見通せない。

 ロイター通信によると、孟被告は29日に保釈条件の変更を協議するため、西部ブリティッシュコロンビア州の裁判所に出廷するという。裁判所は、2月6日にも孟被告に出廷を求めている。

 米国からの正式要請を受け、カナダの法相は30日以内に手続きを進めるか否かを判断。認められれば裁判所で審理が始まり、数週間から数カ月続くとみられる。裁判所が引き渡しを認める決定を下した場合、再度、法相が可否を判断し、承認されれば孟被告は米国に引き渡される。ただ、孟被告は、裁判所や法相の判断に異議を唱えることが可能で「結論が出るには数年かかる」(カナダメディア)との観測もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ