「安倍首相は秀吉と重なる」 韓国国会の国防委員長がレーダー照射で非難

 【ソウル=名村隆寛】韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題について、韓国国会の安圭伯(アン・ギュベク)国防委員長(与党、共に民主党の議員)は18日、「安倍晋三首相が前面に出て(日韓の)葛藤を助長している」との声明を発表。「内部の葛藤を外部に向けるため、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を起こした豊臣秀吉と重なって見える」と安倍首相を非難した。

 声明は「周辺国との摩擦増幅は日本国内ではプラスになるかもしれないが、歴史や国際政治を考えれば責任ある指導者が取る選択ではない」とし、日本政府に哨戒機の「威嚇飛行」への謝罪と再発防止を求めた。

 一方、聯合ニュースは同日、韓国軍駆逐艦とともに北朝鮮漁船の救助活動をしていた海洋警察船舶のレーダーを、日本が駆逐艦の火器管制レーダーと誤認した可能性があるとの見方を報じた。いずれも同じ周波数帯域を使うとした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ