態度硬化させる韓国 レーダー照射で反論動画公開へ

 報道官は「(問題の)発生当初は実務協議で解決できると考えていたが、日本側が事実をごまかした内容の公開を続けるため対応している」とも述べた。

 韓国国防省は2日に声明を発表し、公海上で遭難漁船を救助していた韓国軍に対し「日本の哨戒機が威嚇的な低空飛行をした。非常に危険な行為だ」と日本に謝罪を求めたばかり。その上、韓国側の映像を公開することで、主張が食い違う日本に徹底的に対抗する構えだ。

 韓国国防省は一方で、日本との実務協議を求めているが、日本に対する遺憾表明や謝罪要求に続く「反論映像」の公開予告によって、事態の収拾はますます困難な状況となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ