防衛省 韓国駆逐艦のレーダー照射の映像を公表

 防衛省は28日、韓国海軍の駆逐艦が石川県・能登半島沖の日本海で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、哨戒機が撮影した当時の映像を公表した。韓国側がレーダー照射の事実を否定することから、自衛隊の対応の正当性を示すために公表に踏み切った。

 映像は13分7秒。20日午後3時ごろ、駆逐艦がP1に対して武器使用の前提となる火器管制レーダーを照射した際のもので、通常の警戒監視のために撮影したとしている。情報保全の観点から位置情報など一部の音声が消されているが、赤字で「火器レーダー探知」と点滅させるなどの字幕を入れたほかは処理されていない。

 防衛省は28日、公表したものと同じ映像を在京の韓国大使館を通じて韓国側に提供した。

 映像によると、P1は5キロと8キロの距離から2回照射されている。P1は最初の照射を受け、回避のため右に旋回して距離をとった。状況確認のためもう1度近づいたところで再び照射を受けた。

 映像にレーダー音は入っていないが、レーダーの電波を音に変換してヘッドホンで聞いていたP1の乗組員が反応する様子が出ていた。また照射時間については、防衛省によると「それぞれ数分間」に及んだ。自衛隊幹部は「意図的な照射であることは明白だ」と指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ