レーダー照射も韓国“逆ギレ” 矛盾だらけの言い訳連発…「日本側に問題」と言いがかりも

 海自は照射されたレーダーのデータを保有し、それを分析して「火器管制用レーダーを照射された」と発表している。

 防衛省によると、P1哨戒機が火器管制用レーダー照射を受けた後、韓国側に無線で「どんな意図なのか?」と問い合わせたが、その際、韓国側から何ら応答はなかったという。

 無線を無視したことにも、韓国側は不可思議な説明をしていた。

 「電波が微弱で雑音がひどかった。『コリアコースト』という単語しか感知できなかった。そこで、近くにいた韓国海洋警察の警備艇を、遭難船救助のため呼び出した」

 前出の世良氏は、韓国側の言い逃れにあきれ果て、続けた。

 「海自P1哨戒機はEEZの上空を飛んでいた。何ら瑕疵(かし)はない。韓国駆逐艦の画面では同機を『フレンドリー(友軍機)』と表示していたはず。レーダー照射なんて問題外だ。火器管制用レーダーは1点に照射する。P1哨戒機は『ロックオンされた』と認識し、アラームが鳴る。もし、P1が受けた電波が追跡レーダーなら、アラームは鳴らない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ