ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」

 【ニュースの核心】

 米中新冷戦は休戦どころか、一挙に抜き差しならない展開になってきた。中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の副会長兼最高財務責任者(CFO)、孟晩舟容疑者が逮捕された。

 中国側は当初、外務省報道官が「拘束理由を示さない逮捕は重大な人権侵害」と反発しただけだった。それ自体、新疆ウイグルやチベットでの人権弾圧を見れば「お前が言うな!」という話である。

 ところが、12月10日に事態は大きく動いた。カナダの元外交官で、民間シンクタンク「国際危機グループ」の北東アジア担当アドバイザー、マイケル・コブリグ氏が中国で身柄を拘束されたのだ。翌11日、ロイター通信が報じた。

 孟容疑者の事件との関連は明らかでないが、タイミングから見て「中国による報復」であるのは確実だ。中国外務省は、カナダの駐中国大使に即時釈放を要求し、応じなければ「厳しい結果になっても、カナダの責任」と報復を示唆していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ