EU離脱案否決ならEUが離脱延期提案も 英紙報道

 【ロンドン=岡部伸】英国が欧州連合(EU)と合意した離脱案に英与野党から反発が広がる中で、デーリー・テレグラフ紙は6日、離脱案が英議会で11日に否決された場合、EU側が来年3月29日の離脱を延期する方向で検討していると報じた。世界経済が混乱に陥る「合意なき離脱」を回避するため、離脱を来年3月より先延ばしする案が今月13日から開催されるEU首脳会議でメイ英首相に提案される可能性があるという。

 EUは首脳の全会一致で加盟国の離脱期限を延長できる。メイ氏は6日、BBCラジオで、「英国は2019年3月29日にEUを離脱する」と改めて述べ、議会で離脱案が否決されても、離脱延期をEUに要請しない可能性もある。

 タイムズ紙も11月30日、EU側が「合意なき離脱」回避に来年3月の離脱を3カ月延長する案を検討していると報じている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ