ハマス非難の決議を否決 米国提案も

 【ニューヨーク=上塚真由】国連総会(193カ国)は6日、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスについて、イスラエルに向けてロケット弾を繰り返し発射しているなどと非難する米国提出の決議案を採決した。米国によると、ハマスを非難する決議案は初だったが、採択に必要な投票総数の3分の2の賛成を得られず否決された。

 ヘイリー国連大使は採決前の演説で、国連はイスラエル非難の決議を多数採択しているのに対し、ハマス非難の決議は過去にないと指摘し、「今日こそ国連はこのひどい記録を変えることができる」と支持を訴えた。

 賛成したのは日本や欧州諸国など87カ国で、アラブ諸国を中心に58カ国が反対し、棄権は32カ国だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ