ゴーン容疑者、米国の大物弁護士と契約 米紙報道

 【ニューヨーク=上塚真由】米紙ウォールストリート・ジャーナルは26日、日産自動車の前代表取締役会長、カルロス・ゴーン容疑者が、米大手法律事務所ポール・ワイス・リフキンド・ワートン・アンド・ギャリソンと契約したと報じた。ゴーン容疑者の弁護に加わるとみられるが、具体的な役割は分かっていない。

 同紙によると、ゴーン容疑者の事件は、同事務所のブラッド・カープ会長とパートナーのマイケル・ゲルツマン氏が担当するとしている。事務所のホームページによると、カープ氏は証券法関係の事案を多く担当し、近年の顧客として、バンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレー、シティグループなど米金融大手が名を連ねている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ