米政府、慰安婦財団解散で日韓の協力促す 対北朝鮮での連携弱体化を警戒

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国務省報道官は23日、韓国政府が2015年12月の慰安婦問題に関する日韓合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」の解散と事業終了を発表したことに関し声明を発表し、日韓政府が協力して慰安婦問題の解決に向け対処していくことを促す立場を改めて打ち出した。

 声明は「米政府は長きにわたって全ての当事者に対し、歴史上の繊細な問題に関して癒やしと和解、相互信頼を促進する方向で取り組んでいくよう働きかけてきた」とした。

 トランプ政権は、北朝鮮の完全非核化に向けて日米韓の結束を重視する立場から、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が歴史問題をめぐって日韓の溝を拡大させ、非核化交渉に悪影響を及ぼすことを警戒している。

 日韓合意をめぐっては、当時のケリー国務長官が「日韓はこの問題を最終的かつ不可逆的に解決することを明確にした」として「歓迎する」との談話を発表していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ