北代表団5人が訪韓、「戦争被害」シンポ出席へ 徴用工問題など連携見通し

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の李種革(リ・ジョンヒョク)朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長ら代表団5人が14日、韓国・ソウル近郊の京畿道・高陽で16日に開かれる国際シンポジウムに出席するため、韓国入りした。

 国際シンポは日本による「戦争被害」をテーマにしており、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた徴用工問題でも南北の連携が話し合われる見通し。参加予定だった朝鮮労働党統一戦線部の金聖恵(キム・ソンヘ)統一戦線策略室長は訪韓を見送った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ