世界で頻発する暴風雨被害 大西洋で同時4個 フィリピンに最大規模直撃か

 14日朝(日本時間同日夜)に米東海岸に上陸する見通しの大型ハリケーン「フローレンス」のみならず、ハリケーンや台風などの暴風雨被害は世界各地で頻発している。フィリピンでは今季最大の勢力になるとみられる大型で猛烈な勢力の台風22号が15日、フィリピン北部に上陸する見通し。数十兆円規模の経済損失が生じたとされる昨年に続く被害の深刻化に関し、気象機関は「地球温暖化との関連は明らか」と指摘している。

 大西洋では14日現在、命名された暴風雨がフローレンスを含めて4個発生。ハリケーン「ヘレン」はイギリスに向かっている。

 太平洋では、最も高い階級の強さを表す「猛烈な」台風の22号「マンクット」がフィリピンの東海上を西北西に進行。ハリケーンの強さに換算すれば5段階で最高の「カテゴリー5」に相当する今年最大の規模の台風になるとみられ、15日午前にもフィリピン北部を直撃する可能性がある。

 気象庁によると、今年発生した台風は今月11日現在で23個。8月には、統計の残る1951年以降では最多だった60年と66年(10個)に次ぐ9個に上った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ