ネパールでヘリ墜落、邦人男性死亡 神奈川大OB、ヒマラヤ登山目指す

 ネパールの首都カトマンズ近郊で8日、乗客乗員7人が乗ったヘリコプターが墜落し、警察当局などは現場で日本人男性1人を含む6人の遺体を発見、重傷の女性1人を救助した。在ネパール日本大使館によると、男性は小松広美さん(67)。

 神奈川大のOBらでつくる「学士山岳会」の関係者や現地旅行代理店によると、小松さんは学士山岳会の登山隊メンバーとして、ヒマラヤ山脈のマナスル(8163メートル)登頂を目指していた。

 遠征中の登山隊から8日、学士山岳会関係者に、小松さんが高山病にかかり、治療のためカトマンズにヘリで搬送される途中、ヘリとの連絡が途絶えたと連絡があった。

 警察などによると、小松さん以外にヘリに乗っていたのは全員ネパール人。ヘリは中部ゴルカ地区からカトマンズに向かう途中、カトマンズまで約50キロの森林地帯で墜落した。現場付近上空は雲に覆われ、時折雨が降っていたといい、当局が墜落の原因を調べている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ