「台湾と日本は助け合う伝統が確立」 台湾の駐日代表が義援金2000万円を贈呈

 台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(駐日大使に相当)は12日、西日本豪雨の深刻な被害を受けて、日本側に2千万円の義援金を贈呈した。

 謝氏は同日、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会東京本部(東京都港区)を訪れ、谷崎泰明理事長に義援金目録を手渡した。謝氏は「一日も早く支援したいと思っていた。台湾と日本は自然災害が多いが、その度に助け合う伝統が確立している」と強調。「復興の時には観光などの支援活動も行いたい」とも述べ、継続的な被災地支援に取り組む考えを示した。

 谷崎氏は「まだ捜索・救援活動が続いているが、今回の義援金と台湾の方々の心温まる強いメッセージはとても力になる」と感謝の言葉を述べた。

 今回の義援金は代表処の予算でまかなったという。義援金は日本赤十字社を通じて被災地支援にあてる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ