トランプ氏、防衛費2%「直ちに払え」 NATO共同宣言直後にツイッター

 【ブリュッセル=宮下日出男】北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議出席のため、ブリュッセルを訪問中のトランプ米大統領は11日、NATOが国内総生産(GDP)比2%とする国防費の目標をめぐり、他の加盟国に対して目標期限を待たず、「いますぐに2%払え」とツイッターで要求した。

 首脳会議では11日、これに先立ち、各国が期限の2024年までに目標に到達することを「揺るぎない責任」とする共同宣言が採択された。トランプ氏も合意したが、米国の負担は不公平とする不満が解消されていないことを示した。

 トランプ氏は「どうして(加盟する)29カ国のうち5カ国しか義務を満たせていないのか」などと、大半の加盟国が目標を達成できていない現状に疑問を呈した。トランプ氏は首脳会議で目標を4%に倍加すべきだとも主張した。

 共同宣言ではこのほか、サイバー攻撃などを絡めたロシアのハイブリッド攻撃が欧米の安全保障環境を悪化させているとし、ロシアへの抑止力強化を続ける意向を表明。一方、「有意義な対話」には応じる姿勢も示した。トランプ氏は16日にプーチン大統領とフィンランドで会談する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ