高校銃撃事件 8人死亡か 地元メディア報道 米テキサス州のサンタフェ高校

 【ニューヨーク=上塚真由】米南部テキサス州サンタフェの高校で18日午前(日本時間同日夜)、銃撃事件があった。地元メディアは、当局者の話として少なくとも8人が死亡したと伝えた。発砲した容疑者1人は、まもなく身柄を拘束された。

 銃撃が起きたのは、ヒューストンから南に約50キロにあるサンタフェ高校。銃撃事件を受けて、地元警察は高校周辺を閉鎖し、詳しい状況を調べている。複数の米メディアによると、容疑者は高校の美術クラスに押し入り、生徒らに向かって発砲を始めたという。ショットガンを所持していたという証言がある。

 CNNテレビの映像では、生徒らが列になって校舎から避難する様子が映し出され、多数の救急車や警察車両が現場に急行した。

 米国では今年2月に、南部フロリダ州パークランドの高校で銃撃事件が起き、生徒ら17人が死亡。同校の生徒らが立ち上がり、若者を中心に銃規制強化を求める運動が広まった。

 事件を受けて、トランプ大統領はツイッターで「初期の報告では、状況は良くないようだ。すべての人に神のご加護を!」と投稿した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ