文政権よりどころは「ロウソク革命」…保守追い落としが日韓関係にも陰

 文政権の「積弊清算」が外交にまで影響を及ぼしたのが慰安婦問題をめぐる日韓合意の検証だ。不可逆的な解決を確認したにもかかわらず、文大統領は、日本に新たな自発的な謝罪を求めた。元大統領府高官は、積弊清算が外国との信頼関係を崩す恐れを指摘する。

 北朝鮮の脅威に対抗し、日米との結束を優先してきたのが韓国の保守派だ。文氏が北朝鮮との対話に自信を深める中、日本との信頼をつなぎとめてきた伝統的価値も揺らぎ続けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ