米朝、幻の「対話機運」? 「前提なき対話」への政策転換を否定 予備対話は排除せず

 【ワシントン=黒瀬悦成】ティラーソン米国務長官は12日の記者会見で、核・弾道ミサイル開発を進める北朝鮮との対話の可能性について「米国といつ意味のある対話をするのかは北朝鮮次第だ」と述べ、米国が前提条件なしに北朝鮮に自ら対話を求めていくことはないとの立場を示した。

 北朝鮮との対話をめぐっては、ペンス副大統領が11日、米紙ワシントン・ポスト(電子版)とのインタビューで、平昌五輪を契機とした南北対話が進展したならば、米国は北朝鮮に対する「最大限の圧力」を維持しつつ、核問題の解決に向けた本格交渉に入れるかどうかを探るため、北朝鮮との対話を行うことはあり得ると述べていた。

 ただ、「北朝鮮が対話を望めば米国は対話する」としたペンス氏の発言をとらえ、一部のメディアが「前提条件なく直接対話を行う用意があるとの見解を示した」などと報じたことから、トランプ政権が重大な政策転換を行った可能性があるとして日本でも波紋が広がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ