香港の「女神」は、欅坂46「サイレントマジョリティー」を歌って闘志燃やしていた 雨傘運動から3年

 香港で選挙制度の民主化を求めて79日間にわたって街頭占拠を続けた2014年秋の大規模デモ「雨傘運動」から3年。高校時代、学生団体「学民思潮」のメンバーとして参加し、「学民の女神」とも「香港のジャンヌ・ダルク」とも呼ばれるようになった周庭(アグネス・チョウ)さんは現在20歳だ。

 学民思潮を母体とした政党「香港衆志(デモシスト)」のリーダーら3人は8月、雨傘運動をめぐる違法集会参加や扇動の罪で禁錮6~8月の実刑判決を言い渡され、即日収監された。それでも民主化に向けて戦い続ける周さんに、「決意」を聞いた。(聞き手 河崎真澄)

■  □

 《「雨傘運動」には学生ら最大20万人が参加し、中国の主権の及ぶ範囲では1989年6月の「天安門事件」以後、最大のデモになった。香港政府や中国共産党は一歩も譲歩せず、香港警察は無抵抗のデモ隊に催涙弾を撃ち込み、強制排除した》

 香港衆志の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)秘書長ら3人に禁錮刑が言い渡されたことへの受け止めは?

 「3人は雨傘運動めぐって『社会奉仕』を命じる1回目の判決を受け、その判決に従いました。それでも親北京派の香港政府は納得できないとして上訴し、改めて禁錮刑の判決になりましたが、このことは法律を利用した弾圧であり、政治判断だったと思います」

 「香港には司法の独立があるから裁判結果を尊重せよ、といわれますが、香港政府には2つの目的があったと思います。まず、禁錮刑によって学生や若者による政治運動に打撃を与えること。次に3人の政治生命を当分、奪うことです」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ