正代、冷や冷や2敗死守「なんとか勝てた」/初場所

次の写真へ
物言いがつく一番ながら2敗を守った正代=両国国技館(撮影・尾崎修二)

物言いがつく一番ながら2敗を守った正代=両国国技館(撮影・尾崎修二)

 首位の大関正代(29)は関脇隆の勝(26)を物言いのつく際どい内容ではたき込み、2敗を堅守した。平幕大栄翔(27)は、竜電(30)を押し出して11勝目。2人がトップを並走する。大関朝乃山(26)は隠岐の海(35)を上手投げで下し、関脇照ノ富士(29)とともに9勝目。2敗の正代、大栄翔を2差の4敗で朝乃山、照ノ富士、平幕逸ノ城(27)、琴ノ若(23)の4人が追う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ