NBAの6試合連続延期処置に謝意 ウィザーズのブルックス監督

 バーンリー戦の後半、途中出場し競り合うリバプールの南野(手前)=リバプール(共同)

 バーンリー戦の後半、途中出場し競り合うリバプールの南野(手前)=リバプール(共同)

 米プロバスケットボールNBA、ウィザーズのブルックス監督は21日、オンライン取材に臨み、八村塁ら複数の選手が新型コロナウイルス感染防止規定の対象となったことによる調整不足を考慮して22日(日本時間23日)のバックス戦を延期したリーグに対し、謝意を示した。13日から6試合連続延期となったが、「選手に(故障など)良くないことが起こることを心配していた。健康を重んじてくれたリーグを誇りに思う」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ