天理大、初の大学日本一の裏に極上の差し入れ

全国大学選手権で優勝した天理大フィフティーン=1月11日撮影

全国大学選手権で優勝した天理大フィフティーン=1月11日撮影

 11日に東京・国立競技場で行われたラグビーの全国大学選手権決勝は天理大が早大に55-28で快勝し、悲願の初優勝を果たした。関西勢での大学日本一は、故平尾誠二さん(享年53)を擁した同志社大が3連覇を達成した1984年度大会以来、36年ぶり。主将のFL松岡大和(4年)が優勝インタビューで大粒の涙を流しながら「めちゃくちゃうれしいです!」と声を張り上げた姿に、胸を打たれたファンも多かったはずだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ