巨人、ポスト原レース激変! “開明派”桑田氏の電撃入閣、“昭和の野球”阿部2軍監督は後退

次の写真へ
原監督(左)とグータッチを交わす桑田コーチ。夢の強力タッグが誕生した(球団提供)

原監督(左)とグータッチを交わす桑田コーチ。夢の強力タッグが誕生した(球団提供)

 これが“全権監督”の凄腕人事だ。巨人・原辰徳監督(62)は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)とともにリモート会見に出席し、同氏の投手チーフコーチ補佐就任を発表した。昨年12月2日に今季コーチ陣の発表を済ませながら、年明けにコーチを追加するのは異例だが、意中の相手が一時は原監督と関係がこじれ、15年間も現場を離れていた桑田氏というのがさらに衝撃だ。超大物OBの電撃入閣の裏側には、就任2年目の阿部慎之助2軍監督(41)への政権移譲が、時期尚早という冷徹な判断があるとみられる。(笹森倫)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ