ウルフ・アロン、全日本柔道出場へ 結婚1年半で妻と離婚前提に別居を“告白”

次の写真へ
昨年8月の世界選手権で畳に立つウルフ(左)。ひげはなく減量もあって精強な顔つきだ

昨年8月の世界選手権で畳に立つウルフ(左)。ひげはなく減量もあって精強な顔つきだ

 来夏の東京五輪柔道男子100キロ級代表に内定しているウルフ・アロン(24)=了徳寺大職=が28日、オンラインで取材に応じ、12月26日の全日本選手権(東京・講道館)に出場する意向を示した。昨年12月に右膝を手術しており、出場となれば1年ぶりの復帰戦。昨年4月に結婚した妻とは離婚を前提に別居中であることも“告白”。私生活上の不安は、畳の上で払拭する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ