ヤクルト・高津監督、二回途中で降板の小川に奮起促す「激励の意味も込めて頑張ってほしい」

1回、阪神・ボーアに2点本塁打を浴びたヤクルト・小川=甲子園球場(撮影・甘利慈)

1回、阪神・ボーアに2点本塁打を浴びたヤクルト・小川=甲子園球場(撮影・甘利慈)

 (セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、20回戦、阪神11勝9敗、18日、甲子園)本来の姿ではなかった。ヤクルト・小川泰弘投手(30)が自己最短に並ぶ1回2/3、6安打4失点で降板し6敗目(9勝)。高津臣吾監督(51)は試合後、序盤での継投について説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ