大坂、中村トレーナーと下半身&体幹強化 守備範囲広がる/全米テニス

優勝した大坂(右から3人目)はトレーナーの中村氏(左から2人目)ら「チームなおみ」と記念写真に納まった (ゲッティ=共同)

優勝した大坂(右から3人目)はトレーナーの中村氏(左から2人目)ら「チームなおみ」と記念写真に納まった (ゲッティ=共同)

 テニス・全米オープン第13日(12日=日本時間13日、米ニューヨーク)女子シングルスを2年ぶりに制した大坂なおみ(22)=日清食品=は、初優勝した2018年大会に比べて技術や精神面の粗さが消え、成熟した姿を見せた。今季からコーチを務めるベルギー出身のウィム・フィセッテ氏(40)の指導に加え、6月に専属トレーナーに就任した中村豊氏(48)が下半身や体幹を強化し、守備範囲が広くなった。進化の背景に新たな「チームなおみ」の存在があった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ