1死も取れず5失点の大谷に不満の声続々 ネット「明らかに調整不足」「なんで登板させた?」

アスレチックス戦の1回途中、マドン監督(右)に降板を告げられたエンゼルス・大谷=オークランド(ゲッティ=共同)

アスレチックス戦の1回途中、マドン監督(右)に降板を告げられたエンゼルス・大谷=オークランド(ゲッティ=共同)

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が日本時間27日、敵地でのアスレチックス戦で今季初登板、初先発した。メジャーでの公式戦登板は2018年9月2日のアストロズ戦以来で、同年10月1日に右ひじの手術をした後、大谷は二刀流を封印し、打者に専念していた。693日ぶりのマウンドとなったが、この日は制球に苦しみ、1死も取れずに3四球3安打5失点で無念の降板となった。大谷の登板はネットでも注目を集めたが、まさかの結果にSNSには驚きの声が相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ