羽生が“羽生超え”!SP歴代世界最高更新、五輪連覇の伝説プログラムで圧巻首位/フィギュア

前の写真へ
次の写真へ
男子SP フィニッシュする羽生結弦。世界最高得点をマークした=ソウル(共同)

男子SP フィニッシュする羽生結弦。世界最高得点をマークした=ソウル(共同)

 フィギュアスケート・四大陸選手権第2日(7日、ソウル・木洞アイスリンク)男子ショートプログラム(SP)が行われ、初優勝を目指す羽生結弦(25)=ANA=が自身の世界最高を1・29点更新する111・82点で首位発進。2018年平昌冬季五輪で金メダルを獲得した伝説のプログラム「バラード第1番」を公式戦では同五輪以来721日ぶりに披露し、高得点をたたき出した。9日のフリーで男子史上初の主要国際大会完全制覇の「スーパースラム」を狙う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ