羽生、SP世界最高で首位発進「失敗するという頭がなかった」/全日本フィギュア

次の写真へ
羽生が4年ぶりに全日本のリンクに降臨。完璧な演技でファンを沸かせた(撮影・斎藤浩一)

羽生が4年ぶりに全日本のリンクに降臨。完璧な演技でファンを沸かせた(撮影・斎藤浩一)

 フィギュアスケート・全日本選手権第2日(19日、国立代々木競技場)世界選手権(来年3月、カナダ・モントリオール)代表選考会。男子ショートプログラム(SP)で4年ぶり出場の羽生結弦(25)=ANA=が、国際スケート連盟非公認ながら自身の世界最高を0・19点上回る110・72点で首位発進した。技の出来栄えを重視した構成に変えて高得点をたたき出し、久々の舞台で貫禄を示した。22日のフリー(午後9時3分滑走予定)で5度目の戴冠を狙う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ