紀平4位、守らず攻めて4回転 ロシア勢対抗に「必須」/フィギュア

女子フリー 演技する紀平梨花(ロイター)

女子フリー 演技する紀平梨花(ロイター)

 フィギュアスケート・グランプリファイナル第3日(7日=日本時間8日、イタリア・トリノ)女子ショートプログラム(SP)6位の紀平梨花(関大KFSC)はフリー4位の合計216・47点で4位に終わり、2連覇はならなかった。SP1位のアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)がフリーで2位となり、自身の世界最高を塗り替える合計247・59点で初出場優勝を飾った。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ