今季初日本降臨!羽生、SPぶっちぎり首位「みなさんの力を近くで感じた」/フィギュア

前の写真へ
次の写真へ
羽生結弦の演技=札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(撮影・桐原正道)

羽生結弦の演技=札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(撮影・桐原正道)

 フィギュアスケート・NHK杯第1日(22日、セキスイハイムアイスアリーナ)グランプリ(GP)シリーズ第6戦。開幕し、男子ショートプログラム(SP)で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が109・34点で首位に立った。女子SPは昨季のGPファイナル覇者の紀平梨花(17)=関大KFSC=が79・89点で2位。昨季のジュニアGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(16)=ロシア=が、世界最高の85・04点で首位発進した。23日のフリーでGPファイナル(12月5日開幕、トリノ)に進む選手が出そろう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ