森保ジャパン、歴史的惨敗でハッキリした「使えない選手」 中島、原口、国内組DF陣…2度と代表に呼ばれなくとも不思議はない

独りよがりのプレーでチームの足を引っ張った中島

独りよがりのプレーでチームの足を引っ張った中島

 森保一監督(51)率いるサッカー日本代表(A代表)の令和元年の国内最終戦は、歴史的な惨敗に終わった。キリンチャレンジ杯(19日=大阪・パナソニックスタジアム吹田)でFIFA(国際連盟)ランキング28位の日本は、同26位のベネズエラに1-4と歯が立たなかった。力不足を露呈した国内組のDF陣はもちろん、エースナンバー『10』を背負うMF中島翔哉(25)=ポルト、昨年のW杯ロシア大会の決勝トーナメント(対ベルギー)でゴールを決めたMF原口元気(28)=ハノーバー=も、2度と代表に呼ばれなくなったとしても不思議はない。(編集委員・久保武司)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ