山田哲が逆転世界一弾!侍ジャパン、前回大会の韓倒リベンジで10年ぶり頂点/プレミア12

優勝を決め、歓喜の輪をつくる侍ナイン。主要国際大会での頂点は2009年WBC以来だ(撮影・福島範和)

優勝を決め、歓喜の輪をつくる侍ナイン。主要国際大会での頂点は2009年WBC以来だ(撮影・福島範和)

 第2回プレミア12 決勝(17日、日本5-3韓国、東京D)決勝が行われ、稲葉篤紀監督(47)率いる日本(2次ラウンド1位)は韓国(2位)に5-3で逆転勝ちし初優勝を果たした。二回に山田哲人内野手(27)=ヤクルト=が今大会1号の逆転3ランを放ち、勝利に貢献。3本塁打13打点をマークした鈴木誠也外野手(25)=広島=が最優秀選手(MVP)に選ばれた。2009年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)以来、10年ぶりの世界一。20年東京五輪での金メダル獲得へ、弾みを付けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ