奥川、ヤクルトのキャンプ見学「今のままだと駄目と分かった」

ブルペン見学のため笑顔で歩く(左二人目から)ドラフト指名された奥川恭伸、吉田大喜、杉山晃基=松山市・坊ちゃんスタジアム(撮影・斎藤浩一)

ブルペン見学のため笑顔で歩く(左二人目から)ドラフト指名された奥川恭伸、吉田大喜、杉山晃基=松山市・坊ちゃんスタジアム(撮影・斎藤浩一)

 ヤクルトからドラフト指名された5選手が9日、松山市で行われている秋季キャンプを見学した。ドラフト1位の奥川恭伸投手(石川・星稜高)は「今の意識のままだと全然駄目だということが分かった。高い意識を持ってやらないと。いい一日になった」と刺激を受けた様子だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ