仮設住宅のアルミで五輪モニュメント 大会中に選手がサイン、被災地へ

次の写真へ
「東京2020 復興のモニュメント」プロジェクトの発表会に登壇した(左から)プロテニスプレーヤーの錦織圭選手、お笑い芸人サンドウィッチマンの伊達みきおさん、富沢たけしさん=17日午後、東京都港区(桐山弘太撮影)

「東京2020 復興のモニュメント」プロジェクトの発表会に登壇した(左から)プロテニスプレーヤーの錦織圭選手、お笑い芸人サンドウィッチマンの伊達みきおさん、富沢たけしさん=17日午後、東京都港区(桐山弘太撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と住設機器大手のLIXILは東京都港区の東京タワーメディアセンターで17日、東日本大震災からの復興を願うモニュメントの記念式典を行った。素材には、被災地の仮設住宅から回収したアルミが使われ、モニュメントは東京大会期間中には競技施設などに設置。世界各国の出場選手からサインが寄せられた後、被災地に戻される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ