サニブラウン、桐生、小池 なるか史上初の9秒台決着

第101回日本陸上競技選手権大会 男子100メートル 決勝 1着のサニブラウン・ハキーム(右端)。左から桐生祥秀、多田修平=2017年6月24日午後、ヤンマースタジアム長居(川口良介撮影)

第101回日本陸上競技選手権大会 男子100メートル 決勝 1着のサニブラウン・ハキーム(右端)。左から桐生祥秀、多田修平=2017年6月24日午後、ヤンマースタジアム長居(川口良介撮影)

 27日に開幕する陸上の日本選手権で、男子100メートルは、今季すでに9秒台を2度マークしているサニブラウンが優勝候補だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ