栃ノ心、大関返り咲き!王手から3連敗…苦肉の注文相撲でやっとつかんだ/夏場所

栃ノ心(奥)が鶴竜をはたき込みで破り、ようやく大関復帰を決めた(撮影・福島範和)

栃ノ心(奥)が鶴竜をはたき込みで破り、ようやく大関復帰を決めた(撮影・福島範和)

 大相撲夏場所14日目(25日、両国国技館、観衆=1万936)3連敗中だった関脇栃ノ心(31)が、横綱鶴竜(33)を立ち合いの注文相撲ではたき込み、大関復帰の特例規定で定める10勝目に達して、1場所での大関返り咲きを決めた。7月の名古屋場所(7日初日、ドルフィンズアリーナ)では平成29年1月の初場所(稀勢の里、豪栄道、照ノ富士、琴奨菊)以来2年ぶりとなる4大関時代を迎える。平幕朝乃山(25)が大関豪栄道(33)を寄り切って12勝2敗とし、鶴竜が栃ノ心に敗れたため、初優勝した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ