大谷はブルペンで目慣らし マイナー投手に助言も

ブルペンの打席に立ち、投手の球で目を慣らすエンゼルス・大谷=テンピ(共同)

ブルペンの打席に立ち、投手の球で目を慣らすエンゼルス・大谷=テンピ(共同)

 エンゼルスの大谷は置いた球を打つティー打撃で35球を打ち込んだ。その後はブルペンに移動。右肘と右足首にプロテクター、ヘルメットも着用し、初めて投手の生きた球に目を慣らした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ