“宝刀”不発でSP5位…逆転の紀平、9日フリーで3回転半「絶対入れる」/フィギュア

前の写真へ
フリーの滑走順抽選を終えて、写真撮影に応じた(左から)三原舞依、紀平梨花、坂本花織

フリーの滑走順抽選を終えて、写真撮影に応じた(左から)三原舞依、紀平梨花、坂本花織

 フィギュアスケート・四大陸選手権第1日(7日=日本時間8日、米カリフォルニア州・アナハイム)欧州以外の国・地域が参加する大会が開幕。女子ショートプログラム(SP)で、左手薬指に亜脱臼を負うグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花(16)=関大KFSC=は、冒頭に挑んだ大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半となり、68・85点で5位だった。手負いの状態ながら、8日(日本時間9日)のフリーでの3回転半投入を明言。伝家の宝刀を決めて逆転劇を演じる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ