稀勢、涙「一片の悔いなし」 引退…荒磯部屋創設へ

ついに引退…。会見で「一片の悔いもございません」と語った稀勢の里。2年前の春場所で負ったけがに関して問われると、涙があふれた(撮影・福島範和)

ついに引退…。会見で「一片の悔いもございません」と語った稀勢の里。2年前の春場所で負ったけがに関して問われると、涙があふれた(撮影・福島範和)

 大相撲の第72代横綱稀勢の里(32)は16日、東京・両国国技館内の相撲教習所で会見し、現役引退を発表した。進退を懸けて臨んだ初場所は初日から3連敗を喫し、自ら決断した。ただ一人の国内出身横綱は昭和以降で10番目に短い在位12場所に終わった。日本相撲協会は理事会で年寄「荒磯」の襲名を承認。今後は部屋付き親方として後進を指導する。平成最後に誕生した横綱が平成最後の国技館での本場所で身を引き、「荒磯部屋」創設を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ