箱根駅伝往路は東洋大が優勝 2年連続7度目

次の写真へ
第95回箱根駅伝、往路 東洋大の2区・山本修二から3区・吉川洋次(右)へタスキがわたる=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)

第95回箱根駅伝、往路 東洋大の2区・山本修二から3区・吉川洋次(右)へタスキがわたる=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)

 第95東京箱根間往復大学駅伝の往路(東京・大手町~神奈川県箱根町の5区間、107・5キロ)が2日、行われ、東洋大が5時間26分31秒で2年連続7度目の往路優勝を果たした。2位は5時間27分44秒の東海大、3位は5時間29分15秒の国学院大だった。中央大、日本体育大に続く史上3校目の総合5連覇と、史上初の2度目の大学駅伝3冠を狙っている青山学院大は6位だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ