実績重視し羽生を世界選手権に選出「間に合うように頑張ります」/フィギュア

11月のGPシリーズ第5戦、ロシア杯で優勝した際の羽生。実績により来年の世界選手権代表に決まった(共同)

11月のGPシリーズ第5戦、ロシア杯で優勝した際の羽生。実績により来年の世界選手権代表に決まった(共同)

 日本連盟は24日、来年3月20-23日にさいたまスーパーアリーナで開催される世界選手権の代表選手を発表し、男子は宇野、田中とともに全日本選手権を欠場した羽生を選出。女子は初優勝の坂本花織(18)=シスメックス、2位の紀平梨花(16)=関大KFSC、3位の宮原知子(20)=関大=を選んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ