高梨沙羅、今年の一字は「蓄」 平昌で悲願のメダル獲得/ジャンプ

次の写真へ
羽田空港に到着し、報道陣の質問に答える高梨沙羅=羽田空港(撮影・福島範和)

羽田空港に到着し、報道陣の質問に答える高梨沙羅=羽田空港(撮影・福島範和)

 ノルディックスキージャンプ女子の高梨沙羅(22)=クラレ=が24日、年内のW杯を終えて羽田空港着の航空機で帰国した。今年を表す一字には「蓄」を選んだ。「平昌五輪で銅メダルを取れて長年の夢だったことがかなった。たくさんのことを経験し、いろんなアイデアを出せて蓄えられた年」と理由を語った。今年最大の目標だった2月の平昌大会で悲願のメダルを獲得。3月には男女を通じて歴代単独最多となるW杯55勝を達成するなど実りの多い2018年となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ