小平、本命「500」へ不安なし 不利なアウトでの「銀」、内容は及第点 平昌五輪

前の写真へ
スピードスケート女子1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒。必死の形相でリンクを滑走した=江陵オーバル(納冨康撮影)

スピードスケート女子1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒。必死の形相でリンクを滑走した=江陵オーバル(納冨康撮影)

 スピードスケート女子の小平奈緒(31)=相沢病院=は14日の1000メートルで惜しくも頂点に届かなかったが、不利なアウトスタートで1分13秒82をマークしての2位は及第点と言える。結城匡啓コーチが「内容は良かった」と語るように中盤のスピードは抜群で、18日に行われる本命種目の500メートルへ不安はない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ