10万号達成記念! 長嶋茂雄の天覧試合アーチだけではない 球史を彩った本塁打

前の写真へ
次の写真へ
1985年4月17日、甲子園での巨人戦。阪神のバースがたたき込むと、掛布、岡田が続き、3者連続バックスクリーン本塁打となった

1985年4月17日、甲子園での巨人戦。阪神のバースがたたき込むと、掛布、岡田が続き、3者連続バックスクリーン本塁打となった

 【プロ野球通信】 プロ野球の本塁打数が今季、通算10万本に到達した。記念すべき10万号を放ったのは、オリックスのクリス・マレーロ(29)。9月29日のロッテ戦(ZOZOマリン)の六回に19号2ランを左翼席へと運び「今日打てば可能性が高いと思っていた」と喜び、達成者に贈られる賞金100万円をゲットした。10万本の本塁打の中には、さまざまなドラマが詰まっている。プロ野球史を彩った数々の本塁打をひもといてみた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ