代役が大役!広島4番・松山、誠也の穴埋め「大事な試合で貢献できてうれしい」

前の写真へ
次の写真へ
8回、適時打を放つ広島・バティスタ=甲子園球場(撮影・森田達也)

8回、適時打を放つ広島・バティスタ=甲子園球場(撮影・森田達也)

 (セ・リーグ、阪神2-3広島、24回戦、広島14勝9敗1分、18日、甲子園)俺はがんばったぞ! と言いたげだった。関係者に肩を担がれて歓喜の輪の中に入ってきた鈴木の肩を真っ先にたたいたのは松山だった。右足首骨折で離脱した鈴木の「代役4番」として打線を引っ張り、37年ぶりのリーグ連覇を決めた大一番でも先制タイムリーを放った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ