聖火リレー島根へ 「山陰の小京都」から出発

 東京五輪の聖火リレーは15日、島根県で2日間の日程で始まった。24府県目。政府の新型コロナウイルス対応への疑問を理由に丸山達也知事が一時、中止検討を打ち出したが、姿勢を転換して容認した。ランナーは「山陰の小京都」と称される津和野町からスタートし、隠岐諸島へと聖火をつないだ。

 津和野町では、町の医療を守ろうと山口市から通い続けて5年になるという内科医の三輪茂之さん(61)が第1走者を務めた。緊張気味の笑顔で、出発式の会場から手を振って走りだした。

 聖火は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパークに認定されている隠岐で、島々や日本海を一望できる知夫村の「アカハゲ山」などを経由。午後は中国地方で最も長い河川・江の川を渡る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ