服部勇馬、真夏想定!1キロ3分5秒ペースで走る 5日札幌の本番コースで五輪テスト大会

 札幌に設定された東京五輪のマラソンコースでテスト大会として行われる「北海道・札幌マラソンフェスティバル2021」は5日に号砲が鳴る。4日は出場する東京五輪代表らが札幌市内で記者会見を行い、男子の服部勇馬(27)=トヨタ自動車=は、真夏のレースを想定し、1キロ3分5秒ペースで走ると公言した。レースはハーフマラソンで、東京五輪のマラソンコースの中間地点がゴールとなる。

 北の大地でいいイメージを刻み込む。服部が“予行練習”で掲げたテーマは「我慢」だ。

 「全体のペースが早くなり、行きたい気持ちになったとしてもそこは我慢。『行きたい我慢』と『維持する我慢』を意識して走りたい」

 20キロを1周、約10キロを2周する周回コースで行われる東京五輪のマラソン。今大会は本番コースの中間地点がゴールとなる。服部はハーフで1時間1分40秒の自己ベストを持つが、1キロ3分5秒(ゴール予測は約1時間4分)を設定タイムとした。「過去の五輪を見ても(1キロ)3分5秒を切って押し続けることはあまりない」と分析。真夏に行われる本番のフィニッシュタイムを2時間8~10分と想定し、逆算して決めた。

 「いい記録で走り、その残像が残っていると『5月はもっとよかったのに』とギャップでメンタルがやられてしまう」。今大会は大一番を見据え、淡々と設定タイムを刻む。

 昨夏にコースを試走したという服部は、入念にチェックしたいポイントに、100~200メートルおきに、右に、左に曲がらなければいけない北海道大学(北大)の構内を挙げた。特徴的なジグザグの道で「かなり(カーブが)直角で出力を下げたり、上げたりすることが苦になる。集団の中でどうなるか感じられたら」と思いを巡らせる。

 東京五輪の男子マラソンは大会最終日の8月8日に号砲が鳴る。「8月に100%の状態を持ってこられるような準備をする」。服部がリハーサルを完璧に遂行する。(武田千怜)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ