【指揮官一問一答】阪神・矢野監督は9号ソロの佐藤輝について「逆方向はいつでも入るっていうか、打てると思う」

 (セ・リーグ、ヤクルト5-11阪神、6回戦、阪神6勝、4日、神宮)阪神はD1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=の9号ソロを含む15安打11得点でヤクルトに開幕から6連勝。矢野耀大監督(52)の一問一答は以下の通り。

 ■どちらに転んでもおかしくない試合

 --試合を振り返って

 「序盤はね。チャンスをつぶして、イヤな展開のところを勇輝(西)が踏ん張ってたからね。中盤ぐらいはすごい、どっちにいっても、おかしくない流れ。取られた後にすぐ、陽川が打ってくれたのも、流れのなかで大きかったし(六回の同点適時打)」

 (さらに続けて)

 「で、すぐにマルちゃん(マルテ)で追い越して(七回の勝ち越しソロ)。最後は点差のあいたゲームになったけど、流れ的には、どっちにいっても、おかしくないゲームやったんでね。反省っていうか。よかったところと、次にどうしていくかっていうところは両方あった試合かなと思います」

 ■ツーアウトからーが阪神野球

 --悪送球などで嫌な逆転のされ方をした後に、陽川のタイムリーが出た。チームの強さが出た

 「相手からして、ダメージあると思うしね。ツーアウトでほっとしたところで、リュウ(梅野)の四球から同点に追いつけたのは、ダメージもあったしね。陽川自身も乗っていける1本になったしね。チームにとっても大きかったしね。2アウトから攻撃していくというのは、これからもタイガースの野球としていきたいなと思います」

 --マルテは好調

 「ホームランとか打点というのは、そうやけど。選ぶというのは、いいところなんでね。向こうも流れを止めたくて出してきたピッチャーだと思うんでね。そこで、ひと振り、追い越せたというのはマルテの魅力かなと思います」

 ■ハマれば中野も…

 --中野の本塁打(八回のプロ1号2ラン)

 「見逃せばボールだと思うんだけど、左ピッチャーの高めをそんなに体勢も、まだない中で打っていけるのは魅力。かといって外の変化球が弱いわけでもない。最高の場面で、1点でというところを2点にしてくれたし。ハマれば、ありうる選手。最後も三遊間に打っていくのも良さと思うし(九回の遊撃内野安打)。これがアイツの実力に近いのかなという評価になってくるよね」

 ■逆方向に打てれば本塁打量産できる

 --佐藤輝も逆方向へ本塁打

 「まあまあ、持ち味やしね。逆方向はいつでも入るっていうか、打てると思うし、打てると思うっていうか、センターから逆方向っていうのは、特に神宮とかこういう球場になれば、より行くし。甲子園でも、センターから逆方向も入ると思うし。そういうふうに打っていければ、もっと本塁打も増えると思うし。1打席目かな。安打が出ているのもいいし、打率も上がってきたんでね。落ち着いて、1カ月やって、自分の中でも乗っていける1日というか1本になったんじゃないかなと」

 ■大山には試合の序盤で打ってほしい

 --最後に大山らしい当たりで一本出た(九回の適時三塁打)

 「前半はね、悠輔がかえさなあかんところでかえせなかったり、守備のミスもあったし(五回の失策)。乗っていけない流れになった。あそこで1本出るのは全然違うしね。こっちとしても、大きいと思うんで。ぜいたくというか、その前の打席でかえすのが4番だと思うんでね。ぜひぜひ、最後に1本打つというのは価値あるけど、もっともっといいバッター、チームの4番になってもらうためには前半のチャンスでかえす、というのが求められてくると思うけど」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ