ヤクルト・高梨、“六回の壁”また越えられず 高津監督「意識はしているんでしょうけど…」

 (セ・リーグ、DeNA10-2ヤクルト、8回戦、ヤクルト6勝1敗1分、1日、横浜)先発のヤクルト・高梨は、5回0/3を4安打4失点で今季初黒星(2勝)を喫した。降雨で38分間の中断を挟むなど難しい状況の中で粘り強く投球。ただ六回、自身の失策などで無死満塁とピンチを広げたところで降板した。今季は1度も六回を投げ切れていない。高津監督は「いつも3回り目、70-80球で彼の山(場)がくる。意識はしているんでしょうけど、なかなか越えられない」と奮起を促した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ